振袖選びのポイント

①身長と体格にあった柄や色を選ぼう

【小柄の人】は、可愛らしいパステルカラーで、柄が小さめでスッキリしたもの、小さな柄が散りばめられているもの。

【背が高い人】はシャープで大人っぽい着物で、柄が大きめでハッキリとしたもの、全体に柄が入っているもの。

【スリムな人】は少しふくよかに見えるようピンクなど暖色系の着物がよく似合います。

【体型が気になる人】は、着やせ効果が期待できるダークカラーの着物のほうがおすすめです。

柄には、「古典」「モダン」「レトロ」「モデルデザイン」の種類があります。

髪色が明るい人は、モダン柄が似合います。

②肌色に合った色を選ぼう

着物も、洋装と同じように肌色に合った色を選ぶと、顔写りがよくなり魅力が引き立ちます。

顔色は、大別すると黄みが強いイエローベースタイプと青みが強いブルーベースタイプに分けられます。

黄みが強いタイプの人は黄みが入った色かや暖色系の着物が、似合います。

青みが強いタイプの人は寒色系か透明感のあるパステルカラーなどが似合います。


羽衣の人気色は、1位[白] 2位[赤] 3位[青] 4位[緑]


③自分がなりたいイメージやこだわりを明確にしよう

なりたい着物姿のイメージをはっきりさせることも大事です。

シックで落ち着いた大人の振袖姿にしたいなら、黒地にピンクの花々が咲く振袖はいかがでしょうか。

第一礼装としての品格があり、凛とした華やかさのある着物姿になります。


可愛らしくキュートな着物姿にしたい、正統派の振袖姿にしたいなら、赤系の振袖がおすすめです。

赤の地色に優しいピンクや白系の花が咲き乱れ、振袖らしい若々しさのある振袖を選べば、クラシックでピュアな美しさが演出できます。


いつもの自分らしく個性的な着物姿にしたいなら、現代的な柄と色合いの振袖がおすすめです。

他の人にはないインパクトのある着こなしを作ることができます。


④好きな柄と色の振袖を3着選んで試着してみる

気に入った振袖が決まったら、いよいよご試着です。

小物によっても試着後の雰囲気などが変わりますので、変化を楽しんでいただきながら後日、ご試着して頂くのも楽しいかと思います。

電話・FAX

TEL
0276-73-1508(10:00~18:00)

お問い合わせフォーム

弊社製品についてのお問い合わせは、下記にて承っております。

*は必須項目です。

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

Eメールアドレス (必須)

住所
-

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容